See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

1日1杯の飲酒で心房細動リスクが上昇か

1日1杯の飲酒で心房細動リスクが上昇か

適度な飲酒は心臓の健康に良いとする報告は多数あるが、1日1杯の飲酒で心房細動リスクが高まる可能性のあることが、大規模研究から明らかにされた。University Heart & Vascular Center Hamburg(ドイツ)のRenate Schnabel氏らによるこの研究の詳細は、「European Heart Journal」に1月13日掲載された。

心房細動は、心房内に流れる電気信号の乱れにより、心房が速くて不規則に震える不整脈の一種である。心房細動は、直ちに生命を脅かすものではないが、放置しておくと、後に脳卒中や心不全の原因となり得る。心臓の専門家たちは、大量飲酒が心房細動のリスク因子であることについては一致した見解を示している。しかし、適度な飲酒と心房細動の発症との関連については、相矛盾する研究結果が報告されている。

Schnabel氏らによる今回の研究は、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、イタリアで実施された地域参加型研究への参加者(総計10万7,845人)を対象にしたもの。対象者の平均年齢は47.8歳で、48.3%が男性であった。

研究開始時に心房細動のなかった対象者の数は10万92人であったが、中央値で13.9年に及ぶ追跡期間中に5,854人が心房細動を発症した。解析の結果、1日1杯のアルコール摂取(アルコール12gに相当)により、アルコールを摂取しない人と比べて、心房細動リスクが16%上昇することが明らかになった。この関連は、アルコールの摂取量が増えるほど強まり、心房細動リスクは1日2杯の摂取で36%、1日3杯の摂取で52%、1日4杯以上の摂取では59%上昇していた。

この結果についてSchnabel氏は、「われわれの知る限り、この研究は、地域ベースで長期間にわたるアルコール摂取と心房細動発症との関連を調べた最大規模のものだ。過去の研究では、アルコール摂取と心筋梗塞や心不全といったほかの心臓の問題との関連については明らかにされていたが、心房細動との関連については十分に検討されていなかった。この研究により、たとえ少量であっても毎日のアルコール摂取により心房細動リスクが上昇する可能性のあることが明らかになった」と述べ、今回の研究結果を評価している。

この研究論文に対する論説の共著者である、マクマスター大学(カナダ)医学部のDavid Conen氏は、「この研究結果は、アルコール摂取と心房細動リスク上昇との因果関係を示すものではない」と指摘。その上で、「とはいえ、適度な飲酒により心房細動リスクが上昇する可能性を示すエビデンスは近年増えつつある」と話し、適度な飲酒習慣を持つ心房細動患者を対象として2020年に実施されたランダム化比較試験を引き合いに出す。この試験では、飲酒量を週に約2杯にまで減らすように割り当てられた人で、心房細動のエピソードが大幅に減少したことが報告されているという。

それでもConen氏は、適度な飲酒が心臓に与える良い影響のことを念頭に置いた上で、「心房細動と診断されていない人に対して、適度な飲酒の節制を勧めることに利点があるのかどうかは分からない」と述べている。そして、「この研究結果から導き出せる結論として、次のことは確実だ。すなわち、心臓の健康改善を目的に飲酒を始めるべきではないということだ」と述べている。(HealthDay News 2021年1月14日)

https://consumer.healthday.com/1-14-even-1-drink-p...

Consumer Japanese

HealthDay

HealthDay is the world’s largest syndicator of health news and content, and providers of custom health/medical content.

Consumer Health News

A health news feed, reviewing the latest and most topical health stories.

Professional News

A news feed for Health Care Professionals (HCPs), reviewing latest medical research and approvals.