AHA推奨の7つの生活習慣を守ると、遺伝的リスクとは関係なく冠動脈性心疾患のリスクが低下に向かう

exercise
Adobe Stock

米国心臓協会(AHA)が推奨する7つの生活習慣「Life's Simple 7(LS7)」を守ると、遺伝的リスクが高くても低くても、冠動脈性心疾患(CHD)の生涯リスクは低下の方向に向かうという研究結果が、「Circulation」に1月31日掲載された論文で明らかにされた。

米テキサス大学のNatalie R. Hasbani氏らは、ARIC(Atherosclerosis Risk in Communities)の参加者でベースライン時にCHDではなかった白人8,372例および黒人2,314例(ベースライン時の年齢45~64歳)を対象に、CHDの生涯リスク(lifetime risk of CHD、以下、LRCHDと記載)が、多遺伝子リスクスコア(PRS)およびLS7ガイドラインの遵守状況と、どのような関連を持つのかを検討する前向きコホート研究を実施した。

600万個以上の遺伝子変異の情報に基づき、CHDのPRSを、「低(20パーセンタイル未満)」、「中(20~80パーセンタイル)」、および「高(80パーセンタイル超)」の3群に分類した。LS7は喫煙、BMI、総コレステロール、血糖、血圧、身体活動、食事の7項目を対象としており、ベースライン時における各項目の遵守状況を0~2点として合計し(LS7スコア)、「不良(0~4点)」、「中(5~9点)」、「理想的(10~14点)」の3群に分類した。これらのPRSとLS7スコアのカテゴリーに基づいて、LRCHDおよびCHDに罹患していない年数を推定した。

LRCHDは、対象者全体で27.8%、白人で28.8%、黒人で24.4%であった。LS7スコアの群別にLRCHDを評価したところ、「理想的」で16.6%〔95%信頼区間(CI)14.7~18.7〕、「中」で30.4%(同28.5~32.5)、「不良」で43.1%(同38.5~48.0)と、LS7スコアが良好なほどLRCHDは低かった。

PRSとLRCHDとの関連は、人種によって異なっていた。白人のLRCHDは、PRSが「低」で19.6%(95%CI 16.9~22.6)、「中」で28.0%(同25.2~31.1)、「高」で39.5%(同36.0~43.1)と、PRSが高くなるほどLRCHDが高くなり、「高」と「中」の絶対差は11.4%、「高」と「低」の絶対差は19.9%であった。PRSが「高」かつLS7スコアが「不良」の白人では、LRCHDが67.1%(95%CI 52.4~81.1)と極めて高く、PRSが「中」かつLS7が「中」の白人と比べてCHDに罹患していないと推定される年数が約15.9年短かった(62.3±2.99年 対 78.2±0.29年)。PRSが「高」の白人について見てみると、LS7スコアが「理想的」の場合は、「不良」である場合と比べてCHDに罹患していないと推定される年数が約20.2年も長かった(82.5±0.67年 対 62.3±2.99年)。

一方、黒人におけるLRCHDは、PRSが「低」で19.1%(同14.0~25.8)、「中」で24.9%(同22.1~28.0)、「高」で28.6%(同23.5~34.4)と、白人と同様にPRSが高くなるほどLRCHDが高くなる傾向が認められたが、PRSの群間の絶対差は白人よりも小さく、「高」と「中」の絶対差は3.7%、「高」と「低」の絶対差は9.5%であった。LS7スコアが「不良」の黒人について見てみると、そのLRCHDはPRSの3群ともほぼ同じで、PRSが「高」で72.6±1.20%、「中」で72.6±1.01%、「低」で72.6±3.14%であった。

著者は、「AHAが推奨する良好な7つの生活習慣を守れば、CHDの遺伝的素因がどうであれ、CHD発症リスクを低下させることができ、特にPRSが最も高い集団で、CHD発症リスクを最も大幅に低下させることができる」と述べている。(HealthDay News 2022年2月8日)

https://consumer.healthday.com/adherence-to-life-s-simple-7-cuts-lifetime-risk-of-chd-2656532620.html

Abstract/Full Text (subscription or payment may be required)

Physician's briefing japanese