See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

運動で中年の健康危機を乗り越える――AHAニュース

運動で中年の健康危機を乗り越える――AHAニュース
FatCamera/E+, Getty Images

身体活動に関するガイドラインに掲げられている推奨事項は、公園内を散歩するのと同じくらい簡単なことだ。わずか30分、週に5回、心臓の鼓動が少し速くなる程度の運動をすればよい。時間を小刻みに積み重ねて週に150分とするのも可だ。

運動が推奨される理由は枚挙にいとまがない。研究報告が増えるに従い、特に中年期の身体活動が心臓と脳の健康の維持に重要であることが、さらに明確になってきている。しかし、米疾病対策センター(CDC)の報告によると、50歳以上の成人の約3分の1は、仕事以外では身体活動をしていない。

「中年は忙しい時期だ」と、米ブランダイス大学のMargie Lachman氏は語る。同氏の研究によると、人々が運動を行う上での最大の障壁は、時間がないことだという。「中年期の人たちは通常、組織内で責任のある立場にあり、子育てや親の介護など、複数の役割を担っている。そして、それらの全ては、運動に取り組もうとする意志を弱める『倦怠感』に結び付く」と同氏は解説する。さらに、自分自身のために時間を使うことに、罪悪感を覚える人も少なくないという。

Lachman氏は、「それらは非常に高い障壁ではあるが、乗り越えられないものではない」と語る。「Psychology & Health」に論文掲載された同氏の研究では、目標を設定して計画的に運動に取り組むと、「時間がない」と信じていた中年期の人でも運動の目標を達成する自信が芽生え始めることが確認されたとのことだ。米ボストン大学のVanessa Xanthakis氏も、「会議などの避けられない仕事があるのと同じように、運動する時間帯をスケジュール帳に書き込み『時間をロック』してしまうことだ。毎日が無理なら、週に2~3回から始めればよい」と話す。

Lachman氏は上記の研究とは別に、友人や家族をはじめとする自分以外の人間や社会と積極的につながることも、モチベーションの維持に重要であることを明らかにし、「Research on Aging」に報告している。ポイントは、「運動以外の好きなことと運動を組み合わせて実行すること」だという。

また同氏は、「野心的な目標を立てる必要はない。個人個人の運動能力に合わせて始めることだ。全ての瞬間を大切にしてほしい」と述べ、いくつかの具体的な工夫を紹介している。例えば、エレベーターの代わりに階段を利用する、子供を学校に連れて行く、同僚との打ち合わせは会議室の椅子に座る代わりに散歩しながら行う、商業施設では車を駐車場の最もはずれに停めるといったことだ。「これら一つ一つの効果はわずかでも、積み重ねれば大きな運動量になる」と同氏は語る。また、「必ずしもジムに行く必要はなく、ただ歩くだけでも良い。歩くことは全くコストがかからないのに大きなメリットがある」とウォーキングの効果を強調。

歩くことのメリットは身体的な面にとどまらない。Lachman氏らが行った研究では、多く歩いた日は気分が良くなると回答した中年期女性が少なくなく、歩数の多さが睡眠の質の高さとも相関していることが示された。「より多く歩くことで、肉体面、精神面のいずれにも良い影響が現れる。動かずにいたのでは、それらのメリットを逃してしまう」と同氏は語っている。

一方、Xanthakis氏は運動不足のことを、「心臓と脳の健康リスク因子の中で、人々が自分で完全にコントロールできる因子だ」と表現する。同氏は最近、「Journal of the American Heart Association」にある研究結果を報告した。その研究では、中年期に定期的な運動をして健康的な食事を取ることで、後年の心血管代謝疾患のリスクを抑制可能なことが示された。「血圧やコレステロールが高くなってから、それらを短期間で下げることは容易でない。しかしわれわれは、自分自身で運動量を増やしてそれらのリスクをコントロールすることができる」とXanthakis氏は運動の可能性を力説している。(American Heart Association News 2021年6月9日)

https://consumer.healthday.com/aha-news-overcoming...

American Heart Association News covers heart and brain health. Not all views expressed in this story reflect the official position of the American Heart Association. Copyright is owned or held by the American Heart Association, Inc., and all rights are reserved. If you have questions or comments about this story, please email editor@heart.org.


Consumer Japanese