See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

コロナワクチン接種6カ月後のがん患者の免疫は一般集団と同等

コロナワクチン接種6カ月後のがん患者の免疫は一般集団と同等
Adobe Stock

米ファイザー社製の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン(商品名コミナティ)を2回接種した固形がん患者では、1回目の接種から6カ月後も、がんでない人と同等の抗体価を維持しているとする研究結果が報告された。ランバムヘルスケアキャンパス(イスラエル)のIrit Ben-Aharon氏らが実施したこの研究の詳細は、「Cancer Discovery」9月号に掲載された。

Ben-Aharon氏らは、固形がん患者154人(年齢中央値66歳、男性55%)と、がんではない対照者135人(年齢中央値63歳、男性44%)を対象に、ファイザー社製ワクチンの1回目接種から6カ月(187日)後に血清検査を行い、血清学的状態やワクチンの安全性、新型コロナウイルスへの感染率について調べた。がん患者のがん種として多いのは、消化器がん(36%)、肺がん(23%)、乳がん(17%)、泌尿生殖器がん(11%)で、全体の84%に転移が認められ、ワクチン接種期間中も抗がん剤や生物学的製剤などによる積極的な治療を受けていた。

その結果、1回目接種から6カ月後に新型コロナウイルスに対する抗体が陽性であった人の割合は、がん患者で79%(122人)、がんではない対照者で84%(114人)と、ほぼ同等であることが明らかになった。抗体価は、両群とも6カ月後までに大幅に低下したものの、閾値以上を保っていて、両群間に有意差は認められなかった。新型コロナウイルス感染者は、がん患者群でのみ1人報告された。

Ben-Aharon氏は、「われわれの研究から、免疫原性(ワクチンが免疫反応を誘導する能力)、感染率、ワクチン接種の安全性などを含めたいずれのアウトカムについても、固形がん患者は一般集団とほぼ同じ傾向を示すことが明らかになった」と述べている。そして、「このデータは追加接種を推奨する上で参考になるものだ」との見方を示している。

なお、米国31カ所のがんセンターで構成される非営利団体の米国総合がんセンターネットワーク(NCCN)は、まずは、造血細胞移植や細胞療法を受けている血液がん患者に優先的に追加接種を行い、その後で固形がん患者に接種を行うことを推奨している。(HealthDay News 2021年9月8日)

https://consumer.healthday.com/b-9-8-in-cancer-pat...

Consumer Japanese
undefined
undefinedundefined