See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

EDと頻尿はどちらが先に現れる?――日本人男性の縦断的調査

EDと頻尿はどちらが先に現れる?――日本人男性の縦断的調査

男性は年齢とともに頻尿などの尿路症状や勃起障害(ED)が増える。では、尿路症状とEDのどちらが先に現れることが多いのだろうか? 札幌医科大学医学部泌尿器科の小林皇氏らが、日本人男性を14年以上追跡した研究から、その答えが明らかになった。研究の詳細は、「Sexual Medicine」に2月1日掲載された。

小林氏らの研究は、北海道島牧村の住民を対象とする縦断的な研究。1992年に同村の40~79歳の男性682人のうち319人(47%)を対象に、尿路症状〔国際前立腺症状スコア(IPSS)で評価〕やEDの有無などを調査。そのうち185人が2007年に同村に居住しており、うち135人(73%)が追跡調査に参加した。排尿や性機能に影響を与える疾患の既往がある人などを除外し、108人を解析対象とした。

なお、ED症状は日本版の自記式質問票で判定した。これは、陰茎が完全に硬くなる場合を6点、全く硬くならない場合を1点とする評価法。本研究では、3点(硬くはなるが性交には十分でない)以下をEDと定義した。

ベースライン時(1992年時点)における参加者の年齢は中央値57歳で、追跡期間は同14.4年だった。この間に、尿路症状(IPSSの中央値)は7点から9点に上昇(P=0.01)、前立腺容積は17.7mLから24.3mLに増加(P<0.01)、EDスコア(中央値)は5点から2点へと低下し(P<0.01)、全て有意に変化していた。また、ベースライン時には、尿路症状もEDもない男性が42.6%(46人)を占めていたが、追跡調査では尿路症状とEDがともにある男性が43.5%(47人)を占めていた。

追跡調査で尿路症状とEDを併発していた47人について、ベースライン時の状態を遡って調べた結果、両方の症状がなかった人が19.1%、両方とも症状のあった人が34.0%であり、尿路症状のみだった人が34.0%、EDのみだった人が12.8%だった。つまり、EDよりも尿路症状が先に現れていた人が2.6倍以上多かった。また、尿路症状の中でも生活の質(QOL)の低下につながりやすい夜間頻尿とEDの発症順序も、同様の前後関係にあることが確認された。

EDより先に尿路症状が現れやすいことが明らかになったことから、次に、統計解析によりEDの発症予測因子の特定を試みた。年齢(60歳以上)、IPSSの合計スコア、夜間頻尿(トイレのための睡眠中断が2回以上)、前立腺容積、およびQOL指数を説明変数とする多変量解析の結果、年齢〔オッズ比(OR)7.10、95%信頼区間2.09~24.13〕と夜間頻尿(OR15.83、同3.05~82.15)が有意な予測因子として抽出された。

著者らは本研究の限界点として、解析対象者数が十分ではないこと、縦断的な研究デザインではあるが2時点のみの評価であること、尿路症状やEDに影響を及ぼすBMIや男性ホルモンの値が考慮されていないことを挙げている。その上で、「EDよりも尿路症状、特に夜間頻尿の先行が多いことが明らかになった」と結論付けている。

なお、EDに先行し尿路症状が現れやすいことの理由については、「明らかでない」としながらも、加齢に伴う膀胱と前立腺の血流障害が尿路症状の背後にあり、血流障害がより顕著になるとEDを発症するのではないかと考察している。EDは近年、心血管疾患の予測因子としても注目されていることから、尿路症状への介入がEDの予防、さらには心血管疾患のリスク低下につながるのか、今後の研究が期待される。(HealthDay News 2021年3月15日)

Abstract/Full Text
Consumer Japanese