中年期以降の2型糖尿病の発症リスクは遺伝的素因よりも心血管の健康状態と関連

a heart built of puzzles
Adobe Stock

中年期以降の2型糖尿病(T2D)の発症予防には、心血管の健康状態(cardiovascular health;CVH)が良好であることが重要であり、T2Dの遺伝的素因は無関係という研究結果が、「European Journal of Preventive Cardiology」に9月28日掲載された。

エラスムス大学医療センター(オランダ)のKan Wang氏らは、T2Dの生涯リスクと、CVHおよびT2Dの遺伝的素因との関連を評価する研究を行った。オランダのロッテルダムに居住する55歳以上の住民を対象とした前向きコホート研究であるRotterdam Studyの参加者で、ベースライン時に糖尿病に罹患していなかった5,993例(平均年齢69.1±8.5歳、女性58%)を対象とした。ベースライン時のBMI、血圧、総コレステロール、喫煙状態、食事および身体活動の測定結果に基づいてCVHスコア(12点満点)を算出し、0~5点を「不良」(1,368例)、6~7点を「中等度」(2,605例)、8~12点を「理想的」(2,020例)とした。一方、T2Dの遺伝的素因については、T2Dの遺伝的リスクスコア(GRS)を算出し、全体を三分位数により「低リスク」、「中等度リスク」、「高リスク」に分けた。

追跡期間(中央値14年、四分位範囲8~15年)中に、869例がT2Dを発症した。55歳の時点におけるT2Dの生涯リスクは、CVHが悪化するほど高くなり、T2Dの累積発症率は、CVHスコアが「理想的」で22.6%〔95%信頼区間(CI)19.4~25.8〕、「中等度」で28.3%(同25.8~30.8)、「不良」で32.6%(同29.0~36.2)であった(P<0.001、Fine-Grayサブハザードモデル)。

次に、Fine-GrayサブハザードモデルにGRSを加えて9群に層別化して検討したところ、GRSが「低リスク」の群におけるT2Dの累積発症率は、CVHスコアが「不良」では24.5%(同18.1~30.8)と高かったのに対し、CVHスコアが「理想的」では21.5%(同13.7~29.3)と低くなっていた。同様に、GRSが「中等度リスク」の群におけるT2Dの累積発症率は、CVHスコアが「不良」では33.3%(同26.5~40.0)と高かったのに対し、CVHスコアが「理想的」では20.8%(同15.9~25.8)と低くなっており、GRSが「高リスク」の群におけるT2Dの累積発症率も同じく、CVHスコアが「不良」では38.7%(同31.4~46.1)と高かったのに対し、CVHスコアが「理想的」では23.5%(同18.5~28.6)と低くなっていた。これらの結果から、CVHスコアが「理想的」である場合の55歳時点でのT2Dの生涯リスクは、遺伝的素因とは関係なく、CVHスコアが「不良」および「中等度」である場合より低いという結論となった。

共著者の一人は、「遺伝的素因がT2D発症に関与する可能性はあるが、そのリスクの程度がいかなるものであっても、健康的な生活習慣を維持し、心血管の健康状態を良好に保つことこそが、T2Dの生涯リスクを下げるための鍵となるだろう」と述べている。(HealthDay News 2021年10月5日)

https://consumer.healthday.com/heart-health-tied-t...

Abstract/Full Text

Editorial

Physician's briefing japanese