See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

急性冠症候群患者では栄養障害の頻度が高い

急性冠症候群患者では栄養障害の頻度が高い

急性冠症候群(ACS)患者では栄養障害の頻度が高く、栄養障害が死亡および主要心血管イベント(MACE)のリスク上昇と関連していることが、「Journal of the American College of Cardiology」8月18日号に掲載された論文で明らかにされた。

University Hospital Álvaro Cunqueiro(スペイン)のSergio Raposeiras Roubín氏らは、ACS患者5,062例(不安定狭心症537例、非ST上昇型心筋梗塞2,482例、ST上昇型心筋梗塞2,043例、年齢中央値66.2歳)を対象に、栄養障害の頻度を評価し、さらに栄養障害と全死亡およびMACE(心血管死、再梗塞または虚血性脳卒中)との関連について検討する後ろ向き観察コホート研究を実施した。栄養障害の評価ツールとして、Controlling Nutritional Status(CONUT)スコア、Nutritional Risk Index(NRI)およびPrognostic Nutritional Index(PNI)を適用した。

その結果、中等度~重度の栄養障害と評価された患者の割合は、CONUTスコアで11.2%、NRIで39.5%、PNIで8.9%であった。少なくとも1種類の評価ツールで軽度以上の栄養障害と評価された患者の割合は71.8%であった。スコアの悪化はBMI低下と最も強く関連していたが、BMIが25kg/m2以上の患者で中等度~重度の栄養障害と評価された患者の割合は8.4~36.7%に上った。追跡調査期間中(中央値3.6年、四分位範囲1.3~5.3)に死亡した患者は830例(16.4%)、MACEを発症した患者は1,048例(20.7%)であった。栄養障害は、正常な栄養状態と比べて全死亡リスクの上昇と有意に関連しており、正常な栄養状態における全死亡のリスクを1とした場合の中等度および重度の栄養障害の調整ハザード比(HR)は、CONUTスコアでそれぞれ2.02〔95%信頼区間(CI)1.65~2.49〕および3.65(同2.41~5.51)、NRIでそれぞれ1.40(同1.17~1.68)および2.87(同2.17~3.79)、PNIでそれぞれ1.71(同1.37~2.15)および1.95(同1.55~2.45)であった(全ての評価ツールでP<0.001)。同様に、栄養障害とMACEのリスク上昇との間の有意な関連がCONUTスコアおよびPNIで示され、中等度および重度の栄養障害の調整HRは、CONUTスコアでそれぞれ1.69(同1.40~2.04)および2.41(同1.53~3.80)、PNIでそれぞれ1.68(同1.34~2.12)および1.77(同1.39~2.25)であった(全ての評価ツールでP<0.001)。GRACE(Global Registry of Acute Coronary Events)リスクスコアに3種類の評価ツールをそれぞれ追加することによって、全死亡およびMACEの予測能が有意に改善された(全てP≦0.020)。

著者らは、「栄養障害を評価することによって、臨床医が死亡リスクおよび将来の心血管イベントのリスクが高いACS患者を特定できるようになる可能性がある」と述べている。(HealthDay News 2020年8月11日)

https://consumer.healthday.com/cardiology-2/corona...

Abstract/Full text

https://www.jacc.org/doi/full/10.1016/j.jacc.2020....

Physician's briefing japanese

HealthDay

HealthDay is the world’s largest syndicator of health news and content, and providers of custom health/medical content.

Consumer Health News

A health news feed, reviewing the latest and most topical health stories.

Professional News

A news feed for Health Care Professionals (HCPs), reviewing latest medical research and approvals.