See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

関節リウマチ発症に対する生活習慣関連因子の寄与度をメタアナリシスで定量

arthritic hands

関節リウマチ(RA)発症例の約3分の1は、喫煙、高BMIおよびアルコール摂取量の少なさに起因すると考えられることが、「BMJ」に1月26日掲載された論文で明らかにされた。

浙江中医薬大学(中国)のDing Ye氏らは、米国の成人を対象に、遺伝子とは無関係のリスク因子(生活習慣関連因子など)がRAの発症にどれほど寄与しているかを調べる研究を行った。まず、2005~2006年に国民健康栄養調査(NHANES)に登録された15歳以上の6,437例を対象として、一般集団のリスク因子の保有率を推定した。この際、NHANESでは複雑抽出法でサンプリングを行っていたことから、重み付け解析を行った。次にPubMedおよびWeb of Scienceに2019年3月31日までに登録された論文を検索し、米国の成人を対象にリスク因子とRAとの関連を検討した疫学研究を抽出した。生活習慣関連因子のように改めることが可能なリスク因子とRAとの関連を評価するために、相対リスク(RR)とその信頼区間(CI)をメタアナリシスで統合した。さらに、これらのリスク因子の保有率およびRRのデータを使用して、人口寄与割合(PAF)を算出した。

重み付けしたリスク因子の保有率(標準誤差;SE)は、元喫煙者24.84%(1.04)、現喫煙者23.93%(1.22)、過体重(BMI 25.0~29.9)31.40%(0.82)、肥満(BMI>30)32.57%(1.44)であった。重み付けしたアルコールの平均摂取量(SE)は51.34g/週(2.75)であった。メタアナリシスでは、9本の論文から、非喫煙者と比べ、元喫煙者(RR 1.22、95%CI 1.10~1.36、I2=57.4%)および現喫煙者(同1.47、1.29~1.68、I2=60.1%)でRAリスクが高いことが明らかになった。また、4本の論文から、過体重および肥満の場合、RAリスクが高いことも示された(同1.27、1.09~1.48、I2=44.0%)。さらに、4本の論文から量反応関係を検討したところ、アルコール摂取量が50g/週増加するごとに、RAリスクが8%(95%CI 0~16)低下していた。

WHOのデータなどから推定した米国のRA患者の数は11万4,800例であった。各リスク因子のPAFは、喫煙14.00%(95%CI 8.13~23.33、このリスク因子でRAを発症した患者数は1万6,072例)、過体重または肥満14.73%(同5.45~23.50、1万6,910例)、アルコール摂取量の少なさ8.21%(同0.31~16.39、9,425例)であった。喫煙、過体重または肥満、およびアルコール摂取量の少なさの3因子を統合したPAFは32.69%(同13.41~50.96、3万7,528例)であった。

著者らは、「RAリスクを軽減するために実行できる対策として、適正体重を維持し、禁煙することが挙げられるが、これを推奨するためのエビデンスは十分あると考えてよいだろう」と述べている。(HealthDay News 2021年1月29日)

https://consumer.healthday.com/lifestyle-factors-a...

Abstract/Full Text

Physician's briefing japanese