See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

LVAD至適離脱プロトコルで心筋機能が回復

薬物療法との併用で多くがLVAD取り外し基準に到達

LVAD至適離脱プロトコルで心筋機能が回復

左心補助人工心臓(LVAD)至適離脱プロトコルにより、18カ月以内で装置を取り外しできることが、「Circulation」で10月26日報告された。

米ケンタッキー大学のEmma J. Birks氏らは、非虚血性心筋症による慢性進行性心不全によりHeartmate II LVADを使用している患者40人を対象に、標準化された特別な薬物療法および基礎心筋機能の定期的検査を併用したLVAD至適離脱プロトコルにより、LVAD離脱を高確率で到達できるかどうかを調べた。

その結果、対象患者の40%(16人)で12カ月以内に心不全が持続的に寛解し(移植、心室補助装置、死亡なし)、18カ月以内にLVAD離脱の基準を満たすまで心筋機能が十分に向上する主要評価項目に到達した。プロトコル実施患者の50%(36人中18人)で18カ月以内にLVADが取り外され、全体で36人中19人の患者がLVAD離脱となった。LVAD離脱後の生存率(LVADおよび移植なし)は、1年後で90%、2、3年後で77%だった。

「心不全からの心筋の回復および寛解が望ましい転帰であり、心臓移植や恒久的LVAD使用なしで患者が心臓を再訓練できるとしたら、この結果は重要である」と著者らは記している。

この研究は、ソラテック社(現在はアボットメディカル社)の資金提供を受けて実施された。(HealthDay News 2020年10月28日)

https://consumer.healthday.com/optimized-lvad-mech...

Physician's briefing japanese

HealthDay

HealthDay is the world’s largest syndicator of health news and content, and providers of custom health/medical content.

Consumer Health News

A health news feed, reviewing the latest and most topical health stories.

Professional News

A news feed for Health Care Professionals (HCPs), reviewing latest medical research and approvals.