See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

米国結腸直腸外科学会がクローン病の手術に関するガイドラインを更新

man with heartburn

米国結腸直腸外科学会(ASCRS)は、このほど診療ガイドラインを更新し、クローン病(CD)患者が手術適応となる条件や、術前・術中・術後の注意事項に関する勧告などを示した。詳細は「Diseases of the Colon & Rectum」8月号に掲載されている。

米クリーブランドクリニックのAmy L. Lightner氏らは、システマティックレビューで312件の論文を評価し、CD患者の手術の適応・管理に関する勧告をまとめた。

ガイドラインでは、原則として、薬物治療の効果が不十分、ステロイドや免疫抑制剤などの薬物による副作用が許容範囲を超えている、あるいは薬物治療に対するアドヒアランスが不良である場合には、手術を考慮すべきとしている。また、手術を実施すべきなのは、重度の急性大腸炎患者であり、薬物治療に対する反応が不良であるか、穿孔の症状や穿孔が差し迫っている徴候がある場合としている。さらに、小腸や吻合部に狭窄があって、その症状が出ており、薬物治療や内視鏡的拡張術では対処できない患者も手術の適応となる。グルココルチコイド(特に20mg/日以上)は、術後30日以内の感染性合併症のリスクを高めるため、手術前に少なくとも20mg未満にまで減らすべきである。また禁煙することで術後合併症が減る可能性がある。手術としては原則として侵襲性が最も低い方法を選択すべきであり、術後は残存病変の治療や寛解を維持するために薬物治療の実施を考慮すべきとしている。

著者らは、「CDの管理はますます複雑化し、多職種のアプローチを必要としている。本ガイドラインが、このようなCD管理の指針となることを望んでいる」と述べている。(HealthDay News 2020年8月6日)

https://consumer.healthday.com/gastroenterology-6/...

Physician's briefing japanese

HealthDay

HealthDay is the world’s largest syndicator of health news and content, and providers of custom health/medical content.

Consumer Health News

A health news feed, reviewing the latest and most topical health stories.

Professional News

A news feed for Health Care Professionals (HCPs), reviewing latest medical research and approvals.