Acquire the license to the best health content in the world
Contact Us

COVID-19重症化リスクはBMI23超から上昇

COVID-19重症化リスクはBMI23超から上昇

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの早期から、肥満が重症化リスク因子の一つであることが指摘されてきたが、そのリスクはBMI23ほどのレベルから上昇する可能性が新たに報告された。英オックスフォード大学のMin Gao氏らの研究によるもので、詳細は「The Lancet Diabetes & Endocrinology」に4月28日掲載された。

Gao氏らは、英国のプライマリケア医の診療データベース「QResearch」を利用した前向きコホート研究により、BMIとCOVID-19重症化との関連を検討した。英国で最初にCOVID-19患者が記録された2020年1月24日から同年4月30日の間に、何らかの受療行動によりQResearchに登録された20歳以上の患者691万695人(BMI26.78±5.59)のうち、1万3,503人(0.20%)がCOVID-19により入院していた。そのうち1,601人(全体の0.02%)はICU入室の記録があり、5,479人(0.08%)が重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)陽性が確認された後に死亡していた。

BMIとCOVID-19による入院およびCOVID-19関連死リスクとの間に、BMI23を底値とするJ字型の関連が認められた。BMI23を上回ると、入院に関してはBMIが1高いごとのハザード比(HR)1.05(95%信頼区間1.05~1.05)となった。またCOVID-19関連死に関しては、BMIが1高いごとにHR1.04(同1.04~1.05)であり、やはり有意なリスク上昇が認められた。

ICU入室に関しても、BMIが1高いごとにHR1.10(同1.09~1.10)という同様の関連が認められた。ただし、入院やCOVID-19関連死とは異なり、BMIが23未満でもBMI低値であるほどリスクが低下していた。

そのほか、患者背景別のサブグループ解析から、BMIと重症化リスクの関連に、年齢や人種/民族などによる有意な交互作用が認められた。例えば年齢に関しては、20~39歳ではBMIが1高いごとの入院リスクがHR1.09(同1.08~1.10)であるのに対し、80~100歳ではHR1.01(同1.00~1.02)だった。また、黒人はHR1.07(同1.06~1.08)、白人はHR1.04(同1.04~1.05)だった(いずれも交互作用P<0.0001)。このほか、入院に関しては2型糖尿病や高血圧患者、心血管疾患既往者の方が、BMIが高いことに伴うリスク上昇の影響が弱いという有意な交互作用が存在した。

著者らはこの結果を、「BMIが23を超えると、COVID-19による入院と死亡が増加し、ICU入室についてはBMI23未満のレベルから、高値であるほどリスクが直線的に増加していた。40歳未満の黒人では、この関連により注意すべきだ」と総括している。また、「減量によりCOVID-19重症化リスクが低下する可能性についてはいまだ不明だ。しかし、それは妥当な考え方なのではないだろうか。さらに、減量には健康上のさまざまなメリットがある」と述べている。(HealthDay News 2021年5月4日)

Abstract/Full Text

Editorial

Physician's briefing japanese