See What HealthDay Can Do For You
Contact Us

乳児期の皮膚感染症が小児乾癬の発症と関連

pediatrician

生後2年間における皮膚感染症への罹患が小児乾癬の発症と関連するという研究結果が、「Journal of the American Academy of Dermatology」に2020年12月12日掲載された。

台中栄民総医院(台湾)のYi-Ju Chen氏らは、乳児期における感染症と抗菌薬曝露が小児乾癬の発症に影響するかを調査するために、2000〜2017年の台湾国民健康保険データベース(National Health Insurance Research Database of Taiwan)を用いて全国規模のコホート内症例対照研究を実施。小児乾癬患者1,527例と、性別(男性54.1%)、年齢(9.9±3.7歳)、2000〜2017年の通院数(181.8回)を一致させた乾癬および乾癬性関節炎の罹患歴のない対照群1万5,270例のデータについて、分析を行った。

多変量解析の結果、個人属性や分娩様式、アレルギーや自己免疫疾患の合併といった因子で調整後も、アトピー性皮膚炎〔調整済みオッズ比(aOR)2.07、95%信頼区間(CI)1.84~2.32、P<0.001〕、家族歴のうち母親(同9.86、6.89~14.10、P<0.001)と母親以外の一親等(同5.49、3.91~7.70、P<0.001)が、小児乾癬とそれぞれ独立して関連することが明らかになった。

また、ステップワイズ法による条件付きロジスティック回帰分析により抗菌薬曝露、感染症罹患と、小児乾癬との関連を検討したところ、生後2年以内の皮膚ウイルスおよび細菌感染症(aOR 1.35、95%CI 1.13~1.62、P<0.001)、および真菌感染症(aOR 1.71、95%CI 1.44~2.04、P<0.001)の罹患と小児乾癬との間に有意な関連が認められた。その一方で、生後2年以内の抗菌薬曝露と小児乾癬との間に相関は認められなかった。

著者らは、「本研究の結果は、乳児期の皮膚および真菌感染症が小児乾癬の発症に関連していることを示唆するものだ。乳児期における細菌叢の多様性の低下が小児乾癬の発症に果たす役割について、さらに調査する価値があるかもしれない」と述べている。(HealthDay News 2021年2月2日)

https://consumer.healthday.com/skin-infections-in-...

Abstract/Full Text (subscription or payment may be required)

Physician's briefing japanese

HealthDay

HealthDay is the world’s largest syndicator of health news and content, and providers of custom health/medical content.

Consumer Health News

A health news feed, reviewing the latest and most topical health stories.

Professional News

A news feed for Health Care Professionals (HCPs), reviewing latest medical research and approvals.