心臓の病気が緑内障のリスク?――日本人での横断研究

心臓の病気が緑内障のリスク?――日本人での横断研究
Adobe Stock

徐脈や心房細動などの不整脈、および左室肥大といった循環器系の病気が、緑内障のリスク因子であることを示唆するデータが報告された。JCHO三島総合病院眼科の鈴木幸久氏らの研究結果であり、詳細は「Biomedicines」に3月15日掲載された。

緑内障は眼圧(眼球内の内圧)が高いために、視神経が障害されて視野が狭くなる病気。緑内障の中でも患者数が多い開放隅角緑内障は、緑内障発作(眼圧が急上昇し、失明回避のため緊急治療が必要となる状態)は起きにくいものの、徐々に視野狭窄が進むタイプであり、眼圧を下げる点眼薬による治療を継続する。しかし、眼圧を十分に下げても視野狭窄が進んでしまうことがあり、眼圧以外のリスク因子もあると考えられている。

開放隅角緑内障による視野狭窄にかかわる眼圧以外のリスク因子として、これまでの研究から、心房細動や低血圧などの循環器疾患の影響が想定されている。ただし、不明点が多く残されている。鈴木氏らはこの点に関する詳細な検討を行った。

研究対象は、開放隅角緑内障患者581人(平均年齢71.6±10.2歳、男性49.1%)、および緑内障でなく、年齢と男女比が同等の比較対照群595人。無治療時の眼圧は緑内障群が右15.7/左15.9mmHg、対照群が12.6/12.7mmHgで、緑内障群の方が有意に高かった。

緑内障の発症との関連を検討した項目は、高血圧(140/90mmHg以上)と低血圧(100/60mmHg未満)、および心電図異常。また、緑内障の重症度とそれらの関連も検討した。

高血圧の有病率は、緑内障群34.3%、対照群29.4%で前者に多く(P=0.0005)、低血圧は同順に8.8%、11.8%であり後者に多かった(P=0.0008)。また心電図異常は41.3%、30.9%であり、前者に多かった(P=0.02)。心電図所見のうち、虚血性変化や心房細動、左室肥大、ST-T異常、期外収縮は緑内障群に有意に多く、QT延長、異常Q波、脚ブロックなどには有意差がなかった。また、緑内障群の4.8%、対照群の3.2%に徐脈が見られ、前者に多かったが、群間差は有意水準に至らなかった(P=0.08)。

ロジスティック回帰分析の結果、緑内障の発症に関連する因子として眼圧〔オッズ比(OR)1.43(95%信頼区間1.36~1.51)〕のほかに、左室肥大〔OR2.21(同1.15~4.25)〕、徐脈〔OR2.19(同1.25~4.70)〕、心房細動〔OR2.02(同1.01~4.04)〕が抽出された。年齢や高血圧および低血圧などは、有意な関連因子ではなかった。

緑内障の重症度(視野検査のMD値)と関連のある因子としては、年齢〔t=-6.22(同-0.15~-0.08)〕、眼圧〔t=-6.47(同-0.42~-0.23)〕、左室肥大〔t=-2.15(同-3.36~-0.29)〕という3つが抽出された。

これらの結果から著者らは、「眼圧だけでなく、循環器疾患が緑内障の発症と重症度に関連があると推測される」と結論付けている。また、緑内障点眼薬として使用されるβ遮断薬は心拍数を減少させる作用があり、徐脈を持つ患者には禁忌である。徐脈は緑内障発症のリスク因子であるだけでなく、緑内障患者の4.8%に徐脈が見られたことから、「眼圧管理のための点眼薬としてβ遮断薬を処方する際には、心電図検査の施行や心拍数の確認が必要とされる」と述べている。(HealthDay News 2022年5月16日)

Abstract/Full Text

Consumer Japanese